今回は、112番の猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)です。 その名の通り、猪苓湯(40番)と四物湯(71番)の合剤です。 効能効果は、「皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸障害のない人の次の諸症:排尿困難、排尿…

続きを読む

今回は、111番の清心蓮子飲(せいしんれんしいん)です。 効能・効果は、全身倦怠感があり、口や舌が渇き、尿が出ししぶる方の残尿感、頻尿、排尿痛となっています。 全部で9種類の生薬で構成されています。 まず、人参(にんじん…

続きを読む

今回は、110番の立効散(りっこうさん)です。 歯痛や抜歯後の疼痛に保険適応のある漢方薬です。 江戸時代に書かれた医学書の「衆方規矩(しゅうほうきく)」に「歯芽痛んで忍び難い時」に処方する薬として記載されています。 「立…

続きを読む

今回は、109番の小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)です。 扁桃炎や扁桃周囲炎などにで咽頭が腫れて痛む時に処方されるお薬です。 全部で9種類の生薬で構成されています。 まず、柴胡(さいこ)と黄芩(お…

続きを読む

今回は、108番の人参養栄湯(にんじんようえいとう)です。 病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、寝汗、手足の冷え、貧血に適応のある漢方薬です。 全部で12種類の生薬で構成されています。 まずは、人参(にんじん)、白朮(び…

続きを読む

今回は、107番の牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)です。 下肢痛、腰痛、しびれ、かすみ目、排尿困難、頻尿などの症状に処方されるお薬です。 全部で10種類の生薬で構成されています。 まず、地黄(じおう)、山茱萸(さんしゅゆ)…

続きを読む

今回は、106番の温経湯(うんけいとう)です。 手足がほてり、唇が渇く方の、月経不順、月経困難、更年期障害、湿疹などが保険適応となっています。 全部で、12種類の生薬で構成されています。 ベースとなるのは補血剤の代表であ…

続きを読む

今回は、105番の通導散(つうどうさん)です。 中国の明の時代に書かれた「万病回春」という医学書に記載されている漢方薬です。 保険適応としては、「比較的体力があり下腹部に圧痛があって便秘がちな方の月経不順、月経痛、更年期…

続きを読む

今回は、104番の辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)です。 鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症に適応のある漢方薬です。 全部で9種類の生薬で構成されています。 辛夷(しんい)は、モクレン科のコブシの蕾が原料の生薬で鼻の通りを良くす…

続きを読む

今回は、103番の酸棗仁湯(さんそうにんとう)です。 ツムラのエキス剤の効能効果は、「心身がつかれ弱って眠れないもの」となっています。 酸棗仁(さんそうにん)、茯苓(ぶくりょう)、川芎(せんきゅう)、知母(ちも)、甘草(…

続きを読む